読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニートから脱出した経歴

ある男は中学で軽いいじめを受け不登校になった
その後高校を16歳で中退してまずフリーターになった
しかしアルバイトが長続きせずニートへ突入

なんとなく周りが大学に行っていたので大学受験を目指す
高卒認定をいくつかとっていたので残りを取り
そのまま大学受験へなだれ込む
18歳から勉強して翌年大学へ行く

大学受験は面白かった
今まで知らない知識がバンバン入ってくることに多少のめんどくささと面白さを覚えた

まだ若かったある男は
大学受験をしてニート生活から脱出した
モラトリアムをたっぷり消化して
正職員の道へと進んだ