読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩手県山田町の50代職員

岩手県山田町の50代の職員は、津波被害に遭い、家族を亡くしながらも農地の復旧を進めていたが、仕事への悩みをつづり、自殺した。

この出来事には現代の闇が含まれている。
国にお金がないこと、精神的な回復も図れず交代要員もいないまま働き続けること、そのつらさに周りも気付きながら何もできないくらい周りも追い詰められてること。

福島では、止まっても支障のない原子力発電所が制御不能となった。

仕事仕事と生き急ぎながら、助けも求められず死んでいくのなら、人工知能が発達して人間の仕事を奪うほうがまだマシではないだろうか。